ニードル脱毛とレーザー脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

エステや脱毛サロン、クリニックや病院など医療機関で行われる脱毛法には、レーザーを照射して施術を行うレーザー脱毛法と、医療用のハリを使って行うニードル脱毛法があります。

 

近年の主流になっているのが、レーザー脱毛法で、一度に広い範囲の施術が可能なので、時間も短く済みその分料金も安くなるので、人気を集めています。
ニードル脱毛は、1980年代には一般的に行われていましたが、毛穴にハリを差し込み微電流を流して脱毛をするので激痛が伴い、途中で諦めてしまう人も少なくありませんでした。
また一本一本対処するため、時間がかなりかかりその分料金も高額になりました。

 

レーザー脱毛は、レーザーが毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発生させ、毛根にある毛の生産工場ともいえる毛母細胞を破壊するので、毛が生えてこなくなりますが、脱毛の効果の高さで言えばニードル脱毛には及びません。
完全に毛根からムダ毛が生えてこないように永久脱毛するのであれば、数回に渡りレーザーを照射する必要があります。

 

ニードル脱毛は、ムダ毛1本1本を目で確認しながら処理していくため、時間がかかってしまうというデメリットがありますが、確実に1度の脱毛で毛根が死んでしまうので、永久脱毛を考えている方にはおすすめです。
現在のニードル針脱毛はかなり改良され、以前のような激しい痛みを伴うことがなくなってきましたが、やはり針を刺す時や電気を流す時には痛みが伴います。

 

ワキや脚、背中など広い範囲の脱毛をする時はレーザー脱毛で行い、うなじや男性のひげなど繊細なデザインが要求されるパーツにはニードル脱毛を選択するなど、部位によって併用したり使い分けたりするとより効果的です。

ニードル脱毛を受けた人の感想は実際のところどんな感じなの!?聞きたい!

エステや脱毛サロンで行われる医療用のハリを使ったニードル脱毛は1980年代はごく一般的でしたが、近年ではレーザーを使った脱毛が主流になっています。
しかし脱毛効果の高さでいえば、ニードル脱毛に勝るものがなく、確実に永久脱毛をしたい方にはニードル脱毛がたいへんおすすめです。

 

実際にニードル脱毛の施術を受けた体験者からの感想は、ムダ毛にそってハリを刺すのでかなりの痛みがあったや、
一本一本施術を行うので時間がかかり、費用もその分高額になったなどといった声が聞かれますが、施術後の感想は満足度の高いものも多くあります。

 

ニードル脱毛は毛穴に微電流を流し、毛を作り出す働きをする毛母細胞を直接熱で破壊するので、二度と毛が生えてくる心配がなく、体験者の方はその点を高く評価しています。

 

痛みを我慢するのは大変ですが、その後は完全にカミソリや毛抜きを使った自己処理から解放されるので楽になったという感想も多いのです。
レーザーと違いなんども行わなければムダ毛が無くならないといったことがなく、日焼けした肌やホクロやシミの部分に生えたムダ毛も脱毛でき、
黒さが不十分な産毛や白髪でも処理をすることができるので良い点が数多くあります。

 

またしっかりと目で確認しながら施術ができるので、細やかなデザインが必要とされる男性のひげやうなじ、まゆげなどの脱毛にも適しています。
しかし、全身脱毛をニードル脱毛で行うと非常に高額になってしまうため、広い範囲を一度に脱毛できるレーザー脱毛と併用するのがおすすめです。

 

脱毛士の技術力にも仕上がりや脱毛効果が大きく左右されるので、経験豊富な熟練のスタッフのいるエステや脱毛サロンを選ぶことが大切ですね。

ニードル脱毛って、そもそもどんな脱毛?あなたの気になる!を解消♪

ニードル脱毛は別名針脱毛とも言い、毛穴一つ一つに対して針を刺し、そこに電流または高周波を流すことで毛乳頭やその他の組織を破壊し、毛を生えてこなくする脱毛方法です。

 

ニードル脱毛は、現在多く行われているレーザー脱毛や光脱毛よりも歴史が古く、1980年代には日本でも施術が行われるようになりました。
レーザー脱毛や光脱毛は黒い色素に反応するため、日焼けした肌やほくろにはできませんが、この方法は、毛穴に直接針を刺すので日焼けしたでも施術ができます。

 

またレーザー脱毛や光脱毛は成長期の毛にしか効果がありませんが、ニードル脱毛は毛が皮膚の表面から出ていれば脱毛することができます。
施術を行ったその場でムダ毛が抜けていくので効果が実感しやすいという特徴もあります。

 

ニードル脱毛は、ムダ毛一本一本に対して施術を行っていきますので、他の方法と比べても脱毛効果はとても高いです。
ですがその分時間がかかるというデメリットもあります。また痛みが強いという特徴もあります。

 

痛みに不安がある方は、麻酔クリームや注射などで痛みを軽減してくれるクリニックがありますので、麻酔をしてくれるところを選ぶといいです。
麻酔クリームは塗るだけで効果があるので簡単なのですが、塗ってから効果が出るまでに時間がかかりますので、
脱毛の時間と合わせるとさらに時間が必要になりますので、時間に余裕のあるときにする必要があります。

 

気になるニードル脱毛の料金ですが、部位単位で料金が設定されていたり一分いくらという設定があったりとクリニックによってさまざまです。
また施術料以外にも初診料や針代、麻酔料金などが発生しますので、レーザー脱毛や光脱毛と比べると高額になりやすいです。

ニードル脱毛のメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

ニードル脱毛のメリットはどんなタイプの体毛の人でも、どんな部位でも永久脱毛できることです。
その他の脱毛方法が苦手なところはメラニン色素の含有量が少ない色素の薄い毛や細い産毛です。
毛に含まれているメラニン色素を利用して発熱させることで、毛を作る細胞を破壊しているので、メラニン色素が少ないと熱量が足らずに充分な効果をあげることができません。

 

しかしニードル脱毛の場合には毛穴1つ1つに針を差し込み電気を流して細胞を破壊するので、毛質に関係なく脱毛を行う事ができます。しかも1度施術を行うと、その部分は完全に脱毛できるというメリットもあります。

 
他の脱毛方法では毛は細くなるもののなかなか完全に脱毛するのは難しいのですが、1度で完全に毛が生えてこないようにできます。メラニン色素のない白髪になっていても脱毛できのはニードル脱毛だけです。

 

またその他の脱毛方法では、メラニン色素の多いバストトップやデリケートゾーンの粘膜部分に施術を施すことができません。そういった部分に施術を行うと火傷をしてしまう可能性が高いからです。
しかしニードル脱毛ではそういった部分でも安全に脱毛できます。またタトゥーを入れている人やホクロが沢山ある人、日に焼けている人でも安全に脱毛することができます。

 

またデリケートゾーンを脱毛する場合、完全に脱毛してしまうのではなくある程度毛を残したいという人もいるのですが、1本ずつ脱毛していくため毛のデザインや残す毛の量などを自分の好みにしやすいというメリットもあります。
その他の方法では行っていない眉毛回りの脱毛も可能です。施術を行っても目の組織に影響を与えることがないので、まぶたの際のところまで安全に施術を受けることができます。

ブラジリアンワックスをしたあとの毛穴ってどうなるの?黒ズミはのこらない?

ブラジリアンワックスは、日本ではあまり知られていませんが、世界的には定番の脱毛方法で、主にアンダーヘアの手入れのために利用します。

ブラジリアンワックスでのムダ毛処理は、ワックスを剥がす際に古い角質もムダ毛と一緒にとれるため肌が綺麗になり、2週目くらいからムダ毛が成長し始めて、最長で約1ヶ月持ちます。

毛根から処理するため、ムダ毛の生える周期が遅く、約1ヶ月程度はムダ毛のない綺麗な状態を保つことが可能です。
処理することですぐ効果が実感でき、サロンで施術を受けることもできますが、自宅でも簡単にできます。ワックスを塗って剥がすだけの簡単な処理方法です。

医療レーザーなどを利用した脱毛は日焼けした肌には適応できませんが、ブラジリアンワックスは日焼けした肌でもムダ毛の処理が可能です。アンダーヘアの手入れに利用されることが多いブラジリアンワックスですが、顔以外の首から下の脇の下、腕、足など全身の脱毛に使用できます。

ブラジリアンワックスで脱毛した直後の毛穴は開いた状態ですが、毛穴を引き締める収れん性のある化粧水や冷水をつけることで毛穴は目立たなくなり、綺麗な肌になります。黒ずみなどの色素沈着の心配はありません。

デリケートゾーンは、下着などで擦れることで色素沈着しやすい部位でもあります。もともとデリケートゾーンに色素沈着があってもムダ毛で気がつかない場合、脱毛することでデリケートゾーンが見えやすくなったことで色素沈着や黒ずみなどに気付くことはありますが、ワックスで脱毛したために色素沈着することはありません。

脱毛で毛根が刺激されて柔らかい毛が生えてくることがあり、角質を突き破って伸びることができず皮膚内部に埋没する埋没毛になる可能性があります。

予防するには脱毛3日後から洗顔用のスクラブなどで優しくマッサージすると古い角質がとれて埋没しにくくなり、スクラブでマッサージ後に収れん作用のある化粧水などをつけると色素沈着の予防にもなります。

また、肌が乾燥しないように保湿も心がけることが大切です。

エターナルラビリンスっていうサロンが横浜にあったんですが。

エターナルラビリンス、通称エタラビーだなんて呼ばれている脱毛サロンってご存知でしょうか?脱毛サロンとしては良く名前を聞くことが多かったりするので恐らくなかなか良いところまできている脱毛サロンなんでしょうが、その実態っていうのは一体どのような感じになっているのか気になったので、私なりに色々とエタラビについて調べてみました。

有名かなって思った通りで、いま現在では会員数は20万人を超えているみたいですね。なかなかの大所帯のサロンですね。ネットの広告ではよく矢田ちゃんとかを見る感じで、イメージキャラとして矢田亜希子を採用しているみたいですね。広告費にお金をかけないことでローコストを実現しましたって書いてあったんですが、この辺は矢田ちゃん使って広告バンバン打って何言っちゃってんの??って気にもなりましたが、まぁそう言ってるし、実際に結構安かったりもしますのでまぁそうなんだろうなぁって感じです。

エタラビのウリとしては恐らく高級感とローコストっていうちょっと相反しそうな意外な組み合わせを狙っているんでしょうが、なかなか店内の内装であったり、また施術に使われているタオルが高級感あったりとか、何かとお高いイメージって感じですね。

ただし、口コミではその高級感とかローコストで売っているその狙いの通りの部分では評判は割と高かったんですが、他の接客だったりとか、スタッフの態度だったりとかで不満の声が多いって印象のサロンでしたね。外見だけ磨き続けて内面を磨き忘れた女っていうのが口コミの印象としてはありました。ですが実際は利用してみないと何とも言えないところなので、料金も安いし一度行って確認してみるっていうのはアリかなって思いますね!もし横浜で初めて脱毛サロンに通おうって考えているのであればこちらの脱毛サイトがおすすめなので、一度見てみるのもいいかもしれませんね!

ブラジリアンワックスって肌が弱い人でもできるの?肌が強くないとダメ?

ブラジリアンワックス脱毛とは、アンダーヘアをワックス剤を使用して脱毛する方法のことを言います。非常にデリケートな部分でもあるため脱毛をするには注意が必要な部位であり、初めてであればブラジリアンワックス脱毛サロンで受けた方が安心です。

 

ワックス脱毛では、ワックスを塗ってから乾かして引きはがすという方法で行われますが、ワックス剤がぴったりと貼りついてしまうことから肌が弱い人には注意が必要です。
あらかじめ、肌にベビーパウダーを薄く塗るなどの処置をしておけば安心ですが、何も処置せずにワックス剤を塗ってしまえば必要以上の皮膚が剥がされて赤くなってしまうなどのトラブルの原因にもなります。

 

アンダーヘアの毛を処理する方法としては、脱毛サロンなどで行われている光脱毛でも処理することができます。光脱毛は、黒い色に反応する光を使用した脱毛法であり、肌の上に黒いものがあれば痛みの原因にもなります。
ほくろやタトゥーのある部分は避けて処理されますが、体の中には全体的に黒ずんでいる部位もあるものです。
とくに、デリケートゾーンのOラインでは日本人であればどうしても色素で黒くなってしまうものであり、痛みが生じる人もいます。

 

ブラジリアンワックスでは、肌の色に関係なく行うことができる脱毛法です。
初めての脱毛であれば毛根がしっかりとくっついているため痛い可能性が高いのですが、
繰り返し行っていくことで毛根から抜けやすくなってそれほどの痛みは感じなくなってきます。
また、毛が生えている方向と逆方向に倒すようにしてはがしていくなど正しい方法で処理をすれば、
痛みに弱い人にも安心して利用することができます。ブラジリアンワックス脱毛サロンを利用する際には、あらかじめスタッフに相談してみるといいでしょう。

ブラジリアンワックスのデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

芸能人やモデルなども受けていると言われているのがブラジリアンワックスです。簡単に気になるムダ毛が処理できるとして人気がありますよね。でも良いことばかりでもなく、デメリットもあることを理解して利用しましょう。

 

ブラジリアンワックスのデメリットは痛みが強めなことです。脱毛の方法を知れば痛みのイメージができるかと思われますが、ブラジリアンワックスは強引にムダ毛を脱毛する施術です。ワックス剤を塗り、そして専用のシートでべりっと引き剥がす脱毛方法ですので、痛みを想像するのも容易なのではないでしょうか。
一気に引き剥がしますので一瞬の痛みと言えばそれまですが、でも一回の施術で何度も剥いだりしますので、ある程度の我慢も必要になる施術と言えます。

 

永久脱毛にはならない為、定期的なお手入れが必要になるのもデメリットと言えるでしょう。施術をすると本当にツルツルの状態になりますが、ただその効果はずっと持続する訳ではありません。
2週間から3週間もすれば生えてきますので、その頃になったらまた施術を受けることになるのです。そしてまた痛みを我慢しなければいけませんので、刺激が苦手ですと少し大変かもしれませんね。

 

施術の性質上、少しムダ毛を伸ばす必要があるのもデメリットのひとつです。ムダ毛を絡めて抜く方法ですのである程度の長さが必要不可欠です。大体5mm程度は伸ばす必要があるのですが、女性だったりするとムダ毛を伸ばさなければいけないというのはちょっとしたストレスになるのではないでしょうか。

 

我慢できずに剃ってしまうと施術はできませんし、剃ってはいけない気持ちと剃りたい気持ちでジレンマを感じてしまうかもしれません。
こうしたいくつかのマイナス点もありますので事前に理解しておくと良いでしょう。

ブラジリアンワックスとニードル脱毛、痛くないのはどっち?

脱毛をする時には痛みがない方が嬉しいですよね。ではブラジリアンワックスとニードル脱毛、どちらの方が痛くないのでしょう。
痛みに関して言えば、実はどちらも刺激がある脱毛方法なのです。ですからいずれを選んだとしても痛みは回避できないかもしれませんね。

 

刺激がある理由としては、まずブラジリアンワックスの方ですが、強引に毛を抜いてしまう方法だからです。ムダ毛をワックス剤によって毟ってしまう施術ですので、刺激を感じることになってしまいます。
たとえるならガムテープを貼って剥がすようなものですし、ガムテープを剥がす時にも痛いですよね。ですから刺激を感じてしまうのは必然とも言えるでしょう。

 

次にニードル脱毛が痛い理由ですが、電気を用いる施術だからです。この脱毛方法は針を毛穴を挿して電気を流すというものであり、電気を流す時に刺激を感じてしまいます。肌の奥に刺さるような痛みに感じたりもしますし、また痛くて途中で断念をするケースも珍しくないのです。

 

いずれの施術も刺激があるのですが、ただブラジリアンワックスの方が比較的優しいかもしれませんね。慣れてくるとあまり痛くなくなってくるようなこともあるようですので、辛いのは最初だけとも言われています。

 

しかしながらニードル脱毛には奥の手もあるのですが、それは麻酔をかけることです。基本的に医療機関で行う施術ですし、麻酔を使ってもらうことができます。それによって殆ど刺激を感じなくさせることもできますので、やり方によってはニードル脱毛の方が優しいと言えます。

 

因みにブラジリアンワックスはエステサロンで行う施術ですので麻酔を使うことはできず、ひたすら我慢をしなければいけません。

ブラジリアンワックスと光脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスは毛を毛根から抜く方法で、剃るのに比べて毛のない状態を長く保つことができるメリットがあり繰り返して行うことで毛根にダメージを与える効果があるので毛が細く柔らかくなってきます。
毛を抜く際に痛みを感じますが、繰り返して行うと毛が柔らかくなることで痛みは軽減されてきます。

 

光脱毛は複数回同じ毛根に熱でダメージを与えることで毛が生えにくくなる効果のある方法で、レーザーよりもパワーが弱い分痛みが少なく費用が安いというメリットがあります。

 

どちらも永久脱毛できるとはいえず、永久脱毛をするためには医療機関によるレーザー脱毛を受けることが必要になりますが、
光脱毛は毛周期に合わせて繰り返して照射することで毛をほとんど生えない状態にすることができ、
人によっては数年など長期間全く生えてこなくなる場合もあり、永久脱毛のような生えてこない状態を
希望する場合にはブラジリアンワックスよりも光脱毛の方が向いているといえます。

 

しかし脇などと違いVIOの場合には年月が経つと気が変わって毛がある状態を望むこともあり、全く生えない状態にしないほうが良いこともあります。
ブラジリアンワックスは施術をするのをやめることで毛が生えてくるのでいつでも毛が生えている状態に
戻すことが可能のため、永久脱毛に迷いがある人に向いています。

 

また施術後すぐに毛のないつるつるの状態を作ることができるので、急に水着を着る予定ができた場合などには施術後に
1週間ほど毛が抜け落ちるのを待たなければならない光やレーザーよりも向いているほか、
毛と一緒に表面の角質を除去する作用があるので黒ずみがとれて肌の色がきれいになるという効果もあります。