ニードル脱毛とレーザー脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

エステや脱毛サロン、クリニックや病院など医療機関で行われる脱毛法には、レーザーを照射して施術を行うレーザー脱毛法と、医療用のハリを使って行うニードル脱毛法があります。

 

近年の主流になっているのが、レーザー脱毛法で、一度に広い範囲の施術が可能なので、時間も短く済みその分料金も安くなるので、人気を集めています。
ニードル脱毛は、1980年代には一般的に行われていましたが、毛穴にハリを差し込み微電流を流して脱毛をするので激痛が伴い、途中で諦めてしまう人も少なくありませんでした。
また一本一本対処するため、時間がかなりかかりその分料金も高額になりました。

 

レーザー脱毛は、レーザーが毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発生させ、毛根にある毛の生産工場ともいえる毛母細胞を破壊するので、毛が生えてこなくなりますが、脱毛の効果の高さで言えばニードル脱毛には及びません。
完全に毛根からムダ毛が生えてこないように永久脱毛するのであれば、数回に渡りレーザーを照射する必要があります。

 

ニードル脱毛は、ムダ毛1本1本を目で確認しながら処理していくため、時間がかかってしまうというデメリットがありますが、確実に1度の脱毛で毛根が死んでしまうので、永久脱毛を考えている方にはおすすめです。
現在のニードル針脱毛はかなり改良され、以前のような激しい痛みを伴うことがなくなってきましたが、やはり針を刺す時や電気を流す時には痛みが伴います。

 

ワキや脚、背中など広い範囲の脱毛をする時はレーザー脱毛で行い、うなじや男性のひげなど繊細なデザインが要求されるパーツにはニードル脱毛を選択するなど、部位によって併用したり使い分けたりするとより効果的です。