ブラジリアンワックスとニードル脱毛、痛くないのはどっち?

脱毛をする時には痛みがない方が嬉しいですよね。ではブラジリアンワックスとニードル脱毛、どちらの方が痛くないのでしょう。
痛みに関して言えば、実はどちらも刺激がある脱毛方法なのです。ですからいずれを選んだとしても痛みは回避できないかもしれませんね。

 

刺激がある理由としては、まずブラジリアンワックスの方ですが、強引に毛を抜いてしまう方法だからです。ムダ毛をワックス剤によって毟ってしまう施術ですので、刺激を感じることになってしまいます。
たとえるならガムテープを貼って剥がすようなものですし、ガムテープを剥がす時にも痛いですよね。ですから刺激を感じてしまうのは必然とも言えるでしょう。

 

次にニードル脱毛が痛い理由ですが、電気を用いる施術だからです。この脱毛方法は針を毛穴を挿して電気を流すというものであり、電気を流す時に刺激を感じてしまいます。肌の奥に刺さるような痛みに感じたりもしますし、また痛くて途中で断念をするケースも珍しくないのです。

 

いずれの施術も刺激があるのですが、ただブラジリアンワックスの方が比較的優しいかもしれませんね。慣れてくるとあまり痛くなくなってくるようなこともあるようですので、辛いのは最初だけとも言われています。

 

しかしながらニードル脱毛には奥の手もあるのですが、それは麻酔をかけることです。基本的に医療機関で行う施術ですし、麻酔を使ってもらうことができます。それによって殆ど刺激を感じなくさせることもできますので、やり方によってはニードル脱毛の方が優しいと言えます。

 

因みにブラジリアンワックスはエステサロンで行う施術ですので麻酔を使うことはできず、ひたすら我慢をしなければいけません。

ブラジリアンワックスと光脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスは毛を毛根から抜く方法で、剃るのに比べて毛のない状態を長く保つことができるメリットがあり繰り返して行うことで毛根にダメージを与える効果があるので毛が細く柔らかくなってきます。
毛を抜く際に痛みを感じますが、繰り返して行うと毛が柔らかくなることで痛みは軽減されてきます。

 

光脱毛は複数回同じ毛根に熱でダメージを与えることで毛が生えにくくなる効果のある方法で、レーザーよりもパワーが弱い分痛みが少なく費用が安いというメリットがあります。

 

どちらも永久脱毛できるとはいえず、永久脱毛をするためには医療機関によるレーザー脱毛を受けることが必要になりますが、
光脱毛は毛周期に合わせて繰り返して照射することで毛をほとんど生えない状態にすることができ、
人によっては数年など長期間全く生えてこなくなる場合もあり、永久脱毛のような生えてこない状態を
希望する場合にはブラジリアンワックスよりも光脱毛の方が向いているといえます。

 

しかし脇などと違いVIOの場合には年月が経つと気が変わって毛がある状態を望むこともあり、全く生えない状態にしないほうが良いこともあります。
ブラジリアンワックスは施術をするのをやめることで毛が生えてくるのでいつでも毛が生えている状態に
戻すことが可能のため、永久脱毛に迷いがある人に向いています。

 

また施術後すぐに毛のないつるつるの状態を作ることができるので、急に水着を着る予定ができた場合などには施術後に
1週間ほど毛が抜け落ちるのを待たなければならない光やレーザーよりも向いているほか、
毛と一緒に表面の角質を除去する作用があるので黒ずみがとれて肌の色がきれいになるという効果もあります。

レーザー脱毛って肌が弱い人でもできるの?肌が強くないとダメ?

カミソリや毛抜きを使った面倒な自己処理からさよならすべく、レーザー脱毛を考えている女性は多いでしょう。
レーザーを当てることで毛根を破壊して永久脱毛を可能とするのです。
ただ、毛根を破壊するほどの威力があるレーザーとなると、ダメージが気になります。
肌の弱い人でもレーザー脱毛できるのでしょうか。

 

絶対とは言い切れませんができます。
肌の弱い方こそ、カミソリや毛抜きなどを使った自己処理よりもむしろ、レーザー脱毛すべきなのです。
というのはダメージが少ないからです。
カミソリや毛抜きはいくら慎重に行っても大きなダメージを与えてしまいます。
カミソリでは必要な角質まで剃り落したり、間違って切ってしまう可能性もありますし、
毛抜きでも切れ毛や埋もれ毛、色素沈着などの恐れがあります。
それに対してレーザー脱毛であればダメージを与えるのは毛母細胞なので、角質を傷付けることがありません。
それに一旦ツルツルになれば、その状態を亡くなるまで維持できるため、その後のムダ毛処理がいらずに余計な負担をかけずに済むのです。

 

それにレーザー脱毛は医療機関で行われます。
つまりカウンセリングをするのも、実際に施術をしてくれるのも医師や看護師などの医療従事者なのです。

 

つまり肌の弱い人であれば、その状態にベストなレーザーをベストな出力で照射できるので、安心して任せられるのです。
それに万が一トラブルになっても、迅速に的確な処置をしてもらえる安心材料も大きな強みです。

 

レーザー脱毛は肌が強い人向けの脱毛法ではありません。
もちろん強い人や普通の人でもできますが、医療機関で医療従事者によって
行われるこの脱毛法は、むしろ弱い人向けの脱毛法と言ってもいいでしょう。

レーザー脱毛の相場って実際のところ、いくら!?高いの?安いの?

全身脱毛を行なう方法はいくつかありますが、安心安全に確実に脱毛効果を実感したいのであれば、医療用レーザー脱毛がおすすめです。
しかし、医療用レーザー脱毛を受けようと思っても料金の相場が分からないという女性も多くいることでしょう。

 

医療用レーザー脱毛は、高額な料金がかかってしまうということは分かっていても少しでも料金を抑えて全身脱毛にチャレンジしたいと願っている女性も少なくありません。
そんな方は、実際のところ、医療用レーザー脱毛はいくらかかるのかと疑問や不安があるのではないでしょうか。

 

そこで、一般的な部位別の料金相場などをチェックしてみました。
医療レーザー脱毛は、いくらかかるのかと疑問や不安がある方も参考にしてみてください。
現在、口コミでも人気を集めている美容クリニックでは、脱毛部位によって料金が変わります。
両ワキや肘上、肘下、太ももやビキニラインなどの気になる部分のみの脱毛施術を行うことも可能です。

 

また、自分の希望に合わせて施術回数を選ぶことができたり、1年のフリープランが用意されているのも嬉しい点です。
脱毛部位によって料金には差がありますが、1年フリープランを利用したほうが、よりお得な料金で脱毛できます。
なかには、脱毛効果に満足できなかった場合には、全額返金が可能な美容クリニックもあるので安心です。

 

医療用レーザー脱毛は、基本的に自由診療になります。
その為、クリニックごとに料金を決められます。
高額な料金がかかる美容クリニックもありますが、安いクリニックもあるので事前に比較することが大切です。
他にも嬉しいサービスがセットになっているなど、お得なプランが充実しているクリニックもあるのでチェックしてみましょう。

レーザー脱毛は本当にむだ毛は消える?気になる!

医療レーザー脱毛は専門のクリニックでしか行えないものなのですが、どの程度の効果があるか分からないという人もいます。

 

エステサロンよりも数が少ないこともあって、身近にないケースがあります。
クリニックということで敷居が高く、実際にどの程度綺麗になるか、病気じゃないといけないのではないかと考える人もいます。
レーザー脱毛は毛根を処理できるだけでなく、毛乳頭までダメージを与えるため、むだ毛が細くなって、
徐々にむだ毛が目立たなくなって売る効果があります。
毛乳頭は毛の成長に関わる場所で、強力なレーザーを照射することによってダメージを与えることが可能になっています。
レーザー脱毛では肌には少し叩かれたような痛みが発生することもありますが、肌を冷やしたりクリームを塗って
保湿してアフターケアをすることで、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

 

私はレーザー脱毛に以前から興味があったので、クリニックに電話をすると、事前にカウンセリングができることが分かりました。
カウンセリングは自分のムダ毛の濃さや肌の弱さなどを医師に伝えることができるだけでなく、
料金やどのようなレーザーでムダ毛を処理するかを教えてもらえました。
その後に実際にむだ毛を処理してもらったのですが、毛根から処理できたこともあってツルツルになりました。

 

毛のサイクルに合わせて、一か月に一回のペースでクリニックに通っていたのですが、私の濃いむだ毛も徐々に細くなって目立たないようになってきました。
最終的には自分で処理をする必要もなくなり、夏場などは特に肌を出すことに抵抗があったのですが、コンプレックスが無くなったこともあって気にならなくなりました。

レーザー脱毛とニードル脱毛、痛くないのはどっち?

今の若い世代では多くの人が光脱毛、もしくは医療機関でレーザー脱毛をしているのではないでしょうか。
ニードル脱毛を経験した世代の者としては羨ましいの一言です。料金的にも痛みについても相当軽減されているのですから!

 

ニードル脱毛の説明している文章を読むと、針を入れる瞬間より通電している時間、つまり電気を流し毛母細胞を壊している段階の方が痛いとされています。
ただ通電時間は短いため、それほど痛みを感じませんとも。

 

こうした表現を読むと思わず唸ってしまいます。
これを書いた人は本当に体験をしたのだろうか?と。
確かに最初は思いました。「想像したより痛みを感じない」と。
針は一瞬ですし、通電中も体が少しゾクッとくる感覚がある程度。

 

しかし、そんな余裕を感じられるのは最初の3分位でしょうか。
針を刺す、電気を流すが1時間は絶え間なく繰り返されるのです。
途中からは脂汗が出てくる始末。
掛け値なしの本音を言えば出産より辛い瞬間でした、あくまで個人の感想ですが。

 

結局2回ほど通いこれ以上無理だと断念し、前払いの料金でレーザー脱毛に切替えてもらえたのは幸運でした。
初めてレーザー脱毛した時は感動したものです。
痛みがほぼ無い!よく輪ゴムで弾かれたような感触と表現されますが、かなり近いものを感じます。
瞬間的にパチっ、パチっと弾かれたような感覚と、少し焦げたような匂い。
痛いです、我慢できないです、とは無縁の世界でした。
何故最初からこちらにしなかったのか、激しく後悔したものです。

 

その後少しだけ残っていたムダ毛を光脱毛で処理したところ、こちらに至っては事前に冷やすことが痛い。それだけです。
脱毛自体は一切痛くはなく、またしても後悔です。

ニードル脱毛は確実である、光やレーザーは後から生えてくる可能性があるように書かれもしますが、
光やレーザーで脱毛した部分も10年以上経過した今、再び生えてきてはいません。
費用もかかり、麻酔もせずにニードル脱毛したあの痛さ。
そしてその後の肌の腫れはかなり印象的なものでした。
それが普通だった時代と比べると、脱毛を施術される側にとって本当に良い時代になったものです。

クリニックのレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛ってどっちがいいの?

脱毛をする際、多くの方が迷うのがクリニックのレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛のどちらが良いかという点です。この二つの脱毛法は何が違い、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

まず、脱毛の仕組みとしてはレーザー脱毛も光脱毛も同じものです。
どちらも、肌に照射した光を毛穴のメラニン色素と反応させ、熱を毛包に伝えて毛母細胞にダメージを与えます。
毛母細胞にダメージが与えられると、今生えている毛は脱毛し、次に生えてくる毛は再生しなくなるという仕組みです。

 

違うのは、照射する光の強さです。クリニックのレーザー脱毛の方が出力の高い機器が使用され、エステサロンの光脱毛では低出力の機器を使用するのです。
光の強さが違うことにより効果に差が現れます。
クリニックのレーザー脱毛のほうが脱毛の効果は高いため、施術回数が少なく、脱毛後の毛の再生率も低いとされています。
また、医療機関で行うことから安心感があるというメリットもあるでしょう。

 

では、施術回数が多くなってしまう光脱毛の方はメリットがないかというとそんなことはありません。
光脱毛は低出力の機器を使用するため、肌に刺激が少ないというメリットがあり、どんな人でも肌トラブルが起きにくいのが特徴です。
また、費用も比較的リーズナブルで通いやすくなっています。

 

このように、レーザー脱毛と光脱毛について、どちらが良いかは一概に言うことができません。大切なのは、肌の状態や体質、通える期間、予算など様々な条件を検討して、より自分に合う方を選ぶことです。

 

クリニック、エステサロン、それぞれの施設でカウンセリングを受けたり、体験プランを試してみてはいかがでしょうか。
後になってからもう一つのほうにすればよかったと後悔することのないよう、事前にしっかりリサーチすることが大切です。

光脱毛をしたあとの毛穴ってどうなるの?黒ズミはのこらない?

光を当てるだけできれいに脱毛できるというのが光脱毛です。
光の力でムダ毛を処理するのはわかりますが、脱毛後の肌はどうなるのでしょうか。
黒ズミが残ったりしないのでしょうか。

 

光脱毛は確かに光を使ってムダ毛を処理します。
ただ、この光は黒い色だけに反応するので、肌に直接ダメージを与えることはありません。
そのため光によって毛穴が直接ダメージを受けることはないのです。こういったことから、光脱毛によって黒ズミが残ることは通常あり得ません。

 

ただ、いくら脱毛してムダ毛がなくなりツルツルになったとしても毛穴は残ります。
場合によってはその毛穴が開いたままになり、そこに汚れがたまって黒ずむ可能性も否定はできません。
ただ、通常であればそういったことはないですし、仮にそうなった場合は皮膚科などで適切な処置をしてもらえば簡単に開いた毛穴を閉じることはできます。

 

このように光脱毛で使う光は肌には直接反応しないので、それによって黒ずむことはありません。
むしろ軽度の黒ズミであれば、光脱毛によって普通の肌色に改善する可能性が高いのです。特にIPL法の場合はこれが顕著です。
というのは使用する光がフォトフェイシャルで使うものと同種類だからです。
もちろん光の強さが違うので、美白目的で脱毛するのは間違いですが、脱毛メインでしかも美白が付いてくるとなるともうけものと言えるでしょう。また、IPL法以外でも美白効果は期待できます。

 

というのは脱毛後の肌の乾燥を防ぐため、保湿ローションなどのスペシャルケアに加え、自宅でも入念なスキンケアを行うからです。
保湿によって肌の調子がよくなると肌のターンオーバーも正常化し、美肌へと導いてくれるのです。
光脱毛した後に黒ズミが残るのが心配で躊躇している方、そんな心配はご無用です。むしろ美肌に導いてくれるはずです。

光脱毛の相場って実際のところ、いくら!?高いの?安いの?

脱毛には様々な種類があり、それぞれに効果の度合いやかかる期間が異なります。もちろん、費用面も同様です。
中でも、皮膚へのダメージが少なく、気軽に利用できることで人気の光脱毛は、多くのエステサロン等で提供されており、それぞれのサロンで金額に幅があります。

 

光脱毛は、全身脱毛の場合には、各部位に分けるよりも安く脱毛できることが多いです。
全身脱毛を光脱毛で行った際の相場は、6回で約15万円です。ただし、医療クリニックの場合には6回で約30万円です。
医療クリニックは、競争原理が働きにくい分、やや高めに設定されていることが多いです。

 

また、多くのエステサロンは、キャンペーンや割引企画などを随時行っており、それらを利用すればかなり安くすみます。
キャンペーン等を利用して半額以下になることも少なくありません。
もし、6回では物足りないという場合には、12回のコースも用意されていることが多く、12回ではエステサロンで約25万円、医療クリニックで約50万円で、月額で計算すれば、4~5万円程度です。
しかし、医療クリニックで12回の施術が必要になるケースは稀で、少々高い分、医療クリニックならば6回程度の少ない回数でしっかりと決められます。

 

部分的に脱毛する場合、ワキや脚などは人気の部位であり、割引等のキャンペーンも豊富です。
1万円で最後まで施術してもらえることも多く、キャンペーンの充実度を見て判断することが重要です。
さらに、効果に納得できなければ、料金据え置きで何度でも施術をし直してもらえるコースもあり、相場としては高くても3万円程度です。
他の部位も、これに準ずる相場であることが多く、相場は脱毛の効果を発揮するまでに約2~4万円、キャンペーン等を利用して約1~2万円です。

 

エステサロンの割引等は、最初の金額が高い印象でも、使い方によって他のエステサロンよりも安くなることがあるので、しっかりと見極めたいところです。”

光脱毛と脱毛器、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ムダ毛を処理するにはいくつかの方法がありますが、そのなかでも生えているムダ毛をそのまま抜く方法がよく知られています。

 

最も簡単な方法のひとつに、毛抜きなどを使って直接生えている毛をつまんで引き抜く方法があります。
毛抜きは身近なところで簡単に購入することができ、自宅でも手軽に始めることができる脱毛方法です。
しかし、1本ずつつまんで引き抜く方法なので、広範囲の脱毛には時間がかかってしまいます。

 

そこで、広範囲のムダ毛をつまんで引き抜くことで、短時間で処理することができる脱毛器を使う方法も登場しました。
しかし、毛抜きで抜く方法も脱毛器を使う方法も、毛を無理に引き抜こうとする方法なので、強い痛みを伴うことがあります。

 

また、肌に負担をかけてしまうこともあり、肌が赤く腫れてしまったり炎症を起こしてしまうなど、肌トラブルになることもあります。
しかも、抜いても毛根からまた毛が生えてくることもあるため、生えてこなくなるまで引き抜き続けるのは難しい場合があります。

 

それに比べて光脱毛の場合は、脱毛サロンなどでよく使われている業務用の脱毛器にも採用されている方法です。
毛にだけ反応する特殊な光を照射することで、痛みをほとんど感じることなく脱毛をすることができます。
無理に引き抜こうとする方法ではないため、光脱毛後は自然にムダ毛が抜けていくので肌にかける負担もほとんどありません。

光脱毛の場合、毛根に働きかけることでダメージを与えて抜けるようになるため、施術後に次の毛が生えにくくなることが多いです。
そのため、光脱毛を繰り返すことで毛根にダメージをしっかりと与えられるようになり、ムダ毛が生えてこなくなることもあります。